みなさん漫画の『カイジ』を知っていますか?
とにかく名言がたくさん出てくる漫画です!
今回は、その中の言葉をみなさんにお届けしたいと思います。
自堕落な日々を過ごしていた主人公の青年「伊藤開司」が、
多額の負債を抱えたことをきっかけに
様々なギャンブルに挑んでいく青年漫画です。
命を賭けた極限の勝負の中での
人間の思考・生き様が描かれています。(参照:wikipedea)

帝愛グループ利根川の名言

帝愛グループ最高幹部の1人。作中では、グループのNO.2と言われていた。
とにかく頭がキレて「優秀」という代名詞が彼にはふさわしい。
常にトップを走り続けて、
世の中のしがらみや醜い部分をよく理解している男の言う事はひと味違う。

帝愛グループ利根川

「一生迷ってろ…!そして失い続けるんだ…貴重な機会(チャンス)をっ!」
「金は命より重い…!そこの認識をごまかす輩は生涯地を這う…!」
「よく戦ったからじゃない…彼らは勝った、ゆえに今、そのすべて…人格まで肯定されている…!」
「世間はお前らの母親ではないっ…!おまえらクズの決心をいつまでも待ったりはせん!」
「求めれば周りが右往左往して、世話を焼いてくれる。そんなふうにまだ考えてやがるんだ臆面もなく・・・!甘えを捨てろ」
「何も築いてこなかったおまえらに どこまで想像が届くかわからぬが 
想像してみろ いわゆるレールの上を行く男たちの人生を 
おまえらのようにボォーッとしちゃいないぞ…! 
小学中学と塾通いをし… 常に成績はクラスのトップクラス 
有名中学 有名進学校と 受験戦争のコマを進め 一流大学に入る… 
入って3年もすれば 今度は就職戦争… 頭を下げ
会社から会社を歩き回り 足を棒にしてやっと取る内定…… 
やっと入る一流企業… これが一つのゴールだが…… 
ホッとするのも束の間 すぐ気が付く レースがまだまだ終わってないことを… 
今度は出世競争… まだまだ自制していかねばならぬ…! 
ギャンブルにも 酒にも女にも溺れず 仕事を第一に考え 
ゲスな上司にへつらい 取り引き先にはおべっか 遅れず サボらず ミスもせず… 
毎日律儀に 定時に会社に通い 残業をし ひどいスケジュールの出張もこなし… 
時期が来れば単身赴任… 夏休みは数日… そんな生活を10余年続けて 
気が付けばもう若くない 30台半ば・・・40 
そういう年になって やっと蓄えられる預金高が… 1千 2千万という金なんだ… 
わかるか…? 
2千万は大金… 大金なんだ……! 
世間一般の道…… つまり命を薄めて手に入れる場合は 
これだけのことをしなければならない それに比べて おまえらはなんだ…!? 
必死に勉強したわけでもなく…… 懸命に働いたわけでもない…… 
何も築かず…… 何も耐えず…… 何も乗り越えず…… 
ただダラダラと過ごし… 
やったことと言えば ほんの十数分の余興… 
なめるなっ…!」

大槻班長の名言

カイジが借金を返せなくなったとき、地下の収容所で働かされる事になりました。
そのときの班の班長です。ほんとに、いいことをいうんですよね。
まあ、彼も借金が返せなくて地下にいるはずのなのですが、、。
ちなみに、班長は悪い人です。
地下ギャンブルでは、イカサマをしてみんなからお金をだまし取っていました。

地下大槻班長

「明日からがんばるんじゃない…今日…今日だけがんばるんだっ…!今日をがんばった者…今日をがんばり始めた者にのみ…明日が来るんだよ」
「世の中には利用する側とされる側、この2種類しかいないんだ」
「座禅組んで欲望の火が消えりゃあ・・・・・・誰も苦労はしねえんだよ・・・・!」
「ごね得っ!ごね得っ!ごね得っ!ごね得っ!」

伊藤開司の名言

主人公です。生死をかけたギャンブルなので自ずと名言がぽんぽんでてきます。
人生の窮地にいるから出てくる言葉かもしれません。

カイジ

「奇跡なんて望むな!「勝つ」ってことは…そんな神頼みなんかじゃなく…具体的な勝算の彼方にある…現実だ…!勝つべくして勝つ…!」
「胸を張れっ!手痛く負けた時こそ…胸をっ…!」
「敗者は失うっ…!それをねじ曲げたら…なにがなにやらわからない…受け入れるべきだっ…!負けを受け入れることが…敗者の誇り…オレは…負けをぼかさないっ…!」
「苦しく難しい決断になると、自分で決めない…そうやって流され流され生きてきた…その弱さがこの土壇場で出た…この結果は言うならば必然…これまでのオレの人生のツケ…!」
「他人なんか関係ねえんだよ…!オレだっ…!オレだっ…!オレなんだっ…!肝心なのはいつも…!オレがやると決めてやる…ただそれだけだっ…!」
「99.9%…人は人を救わない…なぜなら人は人を救わなくても…心が痛まない…痛まないからっ…!」

うーん、深いですねー。
カイジ読むとがんばらないとって思いますww。
がんばりましょーーー
ではーー

今回の記事は楽しんで頂けましたか?もしよろしければシェアしてください。またお会いできる日を楽しみにしております。

Facebook Twitter LINE Google+

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)