久々にブログを更新します。再開するにあたりいままでさぼっていた自分への戒めも込めてブログを執筆するにあたっての心得を記しておこうと思います。

Sponsored Link

1、人に読まれてこそ、ブログは続けていくことができる

アメブロにしろ、Wordpressにしろ、Owndにしろ、わざわざ公共の場に記事をアップするわけですから、心の奥底には「読まれたい」という願望や希望があります。だからこそ、最低限のSEO対策、SNS整備を意識する必要があると思います。
人に読まれる=結果が出ているということは、次の記事への意欲・モチベーションにも繋がります。

2、ブログの目的を明確化せよ

趣味の交流・交信、広告掲示によるお金儲け、企業の営業の一部、ブログを始める方には、十人十色の理由があります。例えば趣味に関する内容ならば、自分の知識を活かしつつ日々の勉強も欠かせません。さらに知識を研磨していくことで幅を広げることができます。収益化を目指すならば、「健康」・「モテ」・「金儲け」など広告クリックに繋がりやすいテーマを選択し、特化したブログを書くことである程度の結果を出すことができるでしょう。
読者の方が、あなたのブログを訪問して、「このブログは◯◯に詳しく説明してある、次も迷ったらここに来よう」、とわかってくれるとリピーターとなってくれます。「私は◯◯について書いてます!」と老若男女が読んでもわかるように、ブログを作っていくことはとても大切な心がけです。

3、長く読まれる記事を書こう

私は記事を書く際に最も意識しているのは、いつ読んでもためになる記事を書くことです。大げさに言えば、永遠に価値があり、必要とされる記事を提供するということです。今読んでも、10年後に読んでも読む方に利のある記事を書くことで、定期的にブログを訪問する人が確保されます。訪問者数の確保は、執筆者のモチベーション維持にも通じますので、これからブログを始めようという方は、一番に意識して欲しい点です。

今回は、ブログを運営する上で必要な心構え、心得を書かせていただきました。1、人に読まれてこそ、ブログは続けていくことができる、2、ブログの目的を明確化せよ、3、長く読まれる記事を書こう、この三点を皆様のブログ運営の中で意識して頂ければ必ず結果はついてくるものだと個人的に考えます。

今回の記事は楽しんで頂けましたか?もしよろしければシェアしてください。またお会いできる日を楽しみにしております。

Facebook Twitter LINE Google+

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)