いよいよ日本にカジノが実現します。昨年、カジノ整備法案が可決され、今国会ではカジノの整備に関する具体的な議論が政府・各党内で始まっています。そこで、国民が最も恐れているのは、カジノができるとギャンブル依存症者が蔓延し日本の治安が悪くなるのではないか、ということです。カジノとギャンブル依存症の関係を、現存する公営競技(競馬・ボート・パチンコ・)とも比較しながら論点を整理したいと思います。

Sponsored Link

%e6%94%bf%e6%b2%bb

ギャンブル依存症とは?

ギャンブル依存症とは、ギャンブルをしないと、いてもたってもいられなくなる病気です。または、なんでもお金を賭けようとする、ギャンブルで負けたお金をギャンブルで取り戻そうとする。ひどくなると借金をしてでもギャンブルにのめりこみ、破滅へと向かってしまうなど、正常な判断ができなくなる「精神的な病気」と言われています。
 現在、日本でギャンブルをする人口は1000万人です。その中でギャンブル依存症と呼ばれる人は、500万人と統計で発表されています。データを読み解くとギャンブルをする半分に一人が依存症ということです。その中でも約5%が、重度のギャンブル依存症(借金や犯罪を起こす)といわれています。重度ギャンブル依存症患者の割合は、日本がダントツで世界第一位という驚きの統計が発表されています。

日本のギャンブル依存症者と海外のギャンブル依存症者の違い

しかし、日本のギャンブル依存症者は、ある程度限度をわきまえています。ほとんどの人がお金を使いすぎたら抑制する、負けたらお金がたまるまで我慢するのが一般的です。一方、海外では、全額つぎ込んで超億万長者になろうとする破滅的ギャンブラーが多々いるようです。日本ではあくまで娯楽として認知されていますが、海外では職業・一発逆転・一攫千金を狙う、「ギャンブル」0か100かと考えている人々が多くいるようです。

カジノができるとギャンブル依存症は増えるか?

さて、今回のテーマで最も重要な点についてお話しします。「カジノができるとギャンブル依存症は増えるか?」についてです。私は、ギャンブル依存症の数は「増えない」と考えます。そもそもカジノというものは、パチンコや競馬の様にちょっと遊びに行く様なものではなく、しっかりとオシャレをする、まとまったお金を準備する等、一種の旅行に行くような感覚になると思います。政府でもカジノ=IR(統合型リゾート)と呼ばれていて、リゾートの一部にカジノがあるという認識です。だからこそ、ほとんどの人にとって習慣的なものにはならず、カジノとパチンコや競馬などと一線を画したものになることが予想できます。
 もちろん、カジノにのめりこんでギャンブル依存症になる方も一定数いるでしょうが、公営競技(パチンコや競馬)のように、参加者の半分が依存症になることはどう考えてもあり得ません。

カジノ整備に関する今後の課題

わたしはIRの設置に賛成ですが、一点課題をあげるとすれば、破滅的ギャンブラーの増加を懸念しています。
先ほど、「依存症患者は増えない」といったばっかりなのに、おかしいじゃないか、と思われるかもしれません。
詳しく述べると、「一般的な依存症患者数は増えないが、破滅的ギャンブラーの数は増える」ということです。カジノの中にはハイリスクハイリターンのゲームもあります。生活に追い込まれたときに一発逆転を目指し、有り金すべてをつぎ込む人が出てくるかもしれません。
 今まさに政府は、カジノの来園回数に制限をかける、入場料を設けるなど、国民がのめりこまないための施策を練っているところです。「カジノができて日本は儲かったけど、治安が悪くなったよね」ということにはならない様に、練りに練った規制をかけることが求められています。

Sponsored Link

今回の記事は楽しんで頂けましたか?もしよろしければシェアしてください。またお会いできる日を楽しみにしております。

Facebook Twitter LINE Google+

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)