こんにちは!今回は、Youtubeでふと「世田谷」と検索したらヒットした「世田谷テレビ」を見てみました。世田谷テレビは昨年お暮れ頃に開局したまだまだこれからの新しい番組らしいので期待を込めて視聴してみました。世田谷が好きな皆様は是非ご覧になってみてください。

Sponsored Link

世田谷テレビの放送開始

「いよいよ世田谷テレビの開局です」スーツを着た男性・水島総さんのこの一言で始まりました。
misusima

Youtube限定番組ですが、編集も、キャストもすごいしっかりしています!ハイクオリティです!
caster

一つ気になったのは、序盤で女性が言った「多摩川」の発音、なかなか文章では言い表せませんが、違和感を感じました。
世田谷に長く住んでいるのは、キャスター鍛冶俊樹さんという方だけで女性の方は、世田谷民ではないのでしょうか。
 話を聞いていると、鍛冶さんは、軍事ジャーナリストだそう。街を歩いていても戦災の跡が気になるそうで、やはり専門家は目線が違うのだと勉強になりました。

番組は世田谷の町巡りに場所をうつします。
散歩+グルメ+さらには文化的な面にも触れていくなど、これは非常に期待できそうな番組です。
番組のつくりが、まったく地上波で見ているものと遜色ないので、非常に見やすく、わかりやすい構成になっています。

そこで、濱口さんという世田谷在住の拓殖大学教授の方が、参入してきました。
takushoku

気になったのが、胸のバッジ。青いリボン(通称ブルーリボン)です。これは国会議員などがよく胸につけていますが、拉致問題解決の意志を示すバッジです。
スクリーンショット 2017-01-12 22.19.18

出典:北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会より引用

司会の水島さんもブルーリボンバッジをつけていたので、そのような運動もこの番組に含まれているのでしょうか。
 ローカル番組でそんなこと宣伝しても、と思う方もいるかもしれませんが、このような取り組みだからこそ、気になり、注目されるポイントになるので、わたしは非常によい取り組みだと思います。

Sponsored Link


 

わたしも世田谷テレビに出たい!

 序盤で鍛冶さんが話していましたが、世田谷は、昔は農業が盛んな土地で、空襲被害もあまりなく、そして今は住宅街として発展しています。そのように独特な歴史をもった街なので、これだけ魅力が詰まったものが作られてきたのではないでしょうか。
 この番組を拝見して、わたしもさらに世田谷を学び、いつか「世田谷テレビ」に出て、世田谷発展構想を語るため頑張りたいと思います!「議員秘書がみるいまの世田谷とこれからの世田谷」というテーマでスカウト待ってます(笑)
皆様、是非応援よろしく御願いいたします!

世田谷テレビの視聴は以下からからどうぞ *外部リンクです
https://www.youtube.com/watch?v=HbOkPDxOGxk

今回の記事は楽しんで頂けましたか?もしよろしければシェアしてください。またお会いできる日を楽しみにしております。

Facebook Twitter LINE Google+

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)