皆様お久しぶりです。今日は2016年6月8日です。参議院選挙の投票日まであと1ヶ月弱、いよいよ選挙モードにはいってきました。最近は、ほんとに忙しくてなかなか更新できませんでした(言い訳、、)。今日は、秘書の1日のスケジュールを書いていきます。友人や初めて会った人に「秘書してます」というと、だいたい「どんなことするの?」と言われますので、自分の中でも整理しておくのに良い機会だと思い今回のテーマに選びました。

[adsense]

国会議員・政治家の秘書の1日〜永田町秘書の午前中〜

国会議員の秘書は、主に議員会館にいる秘書と、代議士の地元にいる秘書に分けられます。今回は、とりあえず議員会館(永田町)にいる秘書のスケジュールから書いていきます。地元秘書の仕事内容は後ほど書きます(おぼえてればw)
長くなりそうなので、第一弾は午前中までにします。

朝は9時までに議員会館に出社

基本的にどの事務所も始業は9時です。官公庁や一般企業と特に変わりません。しかし、、、実は自民党では国会開会中は毎日朝の8時から勉強会をしています。つまり自民党国会議員の秘書の朝は特に早いのです。勉強会といえど議論の場です。政策立案に大きく影響する会議という立ち位置であることは間違いありません。

9:00〜資料のチェック

出社後は、前日に届いたFAXや郵便物のチェックから始まります。国会議員ともなるととにかく届く資料の数が半端じゃなく多いのであります。広報誌や政策誌、各業界の懇親会の案内や夏になれば地元の夏祭りの案内も届きます。

9:30〜メールチェック

党からのメール、各関係者からのメール、支援者からのメールをチェックします。支援者からの生の声は政策決定に重大な要素となりますのでこまめにチェックしています。

10:00〜来客対応、各省庁からのレク(教育)対応

地元からの陳情(要望)や直接、国会議員が事務所に訪れることもあります。
さて、この見出しにあるレクとはなんでしょう。レクは、レクチャー(講義・教える・教育)の略です。つまり省庁の役人さんが国会議員の先生方に、いま進んでいる法案や現状などを細かく説明することをレクといいます。それこそ学校の授業と同じです。役人が先生、国会議員が生徒となり、政治家が一方的に教えてもらうのです。役人はいわば専門家ですから、国会議員の質問になんでも答えることができる様、常に最新の情報をインプットしていなければなりせん。もし答えられなければ、宿題になり、後日説明に行くか、資料を届けるなど大変な後フォローが必要になります。

その他

国会開会中はひっきりなしに会議が盛りだくさんです。頭も使いますが、足もかなり使います。秘書は1日1万歩あるく日もめずらしくありません。
来客対応では、お茶出しなども秘書の仕事です。とにかく常に気を配り最適な環境を演出することが特に求められている仕事ではないでしょうか。

[adsense]

続きは第2回で

長くなってしまうので今回はこの辺りでとめましょう。
これだけ見るとあまり一般企業と変わらないと思うかもしれませんが、まだまだ秘書の仕事はたくさんあります。政治家のパーティへの出席や夜のお仕事などなど、皆様が普段知ることのできない秘書の仕事をさらに暴いていきます。

今回の記事は楽しんで頂けましたか?もしよろしければシェアしてください。またお会いできる日を楽しみにしております。

Facebook Twitter LINE Google+

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)