外国人はTHE日本が大好きです。京都の街並や、東京タワー、秋葉原の電気街や富士山などは観光客でいつもにぎわっています。その中でも特に人気なのが「KABUKI」=「歌舞伎」です。日本の伝統芸能は、最近ブームと言っても良い程の注目があります。そして、ぜひ、ご紹介して頂きたいのが、中村壱太郎(屋号:成駒屋)さんです。今日は歌舞伎と中村壱太郎さんについて記事を書きます。

Sponsored Link

15535515876_be6fc6356a_z
(Frickr:on kendocalrissian)

近年まれにみない歌舞伎ブーム

日本が成熟してきた証でしょうか。それとも平和だからでしょうか。改めて日本の伝統芸能「歌舞伎」に日本中が注目しています。その要因のひとつとしては、海老蔵さんをはじめ、片岡愛之助さんや中村獅童さんなど多くの人気役者さんの活躍も大きいかもしれません。彼等は、歌舞伎界を盛り上げるために歌舞伎以外の仕事も超過密スケジュールの中非常に高いレベルで取り組んでいます。ただ、それだけではありません。グローバル化が進む中で日本はアイデンティティを保つために、より日本らしい部分を無意識のうちに求めているのではないかとわたしは思います。

歌舞伎に対する海外の反応

「全ての動作がまるで美しい絵画のようだよ!素晴らしい。」
「これを見ていると日本語が理解できていたらなあと思ってしまったよ。」
「女性の人生って時間や時代に関係なく愛と涙なんだな。」
「彼の顔が見えたとき、すごくきれいだと思ったよ。絵画の中にある美しさのようなものだね。彼自身が芸術なんだと思うよ。」
「動きが極限まで抑えられてる点に目を奪われる。」
「日本は偉大な音楽と、宝物を持ってるんだなぁ。」

外国人に対してどうやって歌舞伎を説明する?

歌舞伎は難解なようで、街で起こった出来事や、男女の恋愛物語などすごく身近な話をしていたりします。まずは、しっかりと踊りに意味が有る事を説明してあげましょう。ちなみに、歌舞伎座では、イヤホンガイドがあり英語で解説を聞く事ができます。日本語がわからなくても歌舞伎は楽しむ事が出来るのです。
歌舞伎の王道物語といえば、江戸時代の話など古典に関するものが多いです。しかし、少し敷居が高いなと思った方は、、、
【以下引用】

市川猿之助のスーパー歌舞伎、故・中村勘三郎と演出家・串田和美がはじめたコクーン歌舞伎などに行くのはいかがでしょう。派手な照明やロックやラップといった現代音楽で味付けされた、現代感覚の歌舞伎です。もともと歌舞伎は庶民の娯楽、ミーハーに、その時の流行をどんどん取り入れていった芸能です。ただ、その感覚が江戸時代の庶民視点だというだけのこと。これらは、その歌舞伎スピリッツを現代の感覚に置き換えたものと言えます。

出典:初めてでも楽しめるエンタメ入門より引用

物語を楽しむもよし、衣装や照明・セットなどその雰囲気を楽しむもよし、いろんな角度から「歌舞伎」を楽しめることを伝えてあげてください。

いま大注目の歌舞伎役者・中村壱太郎【成駒屋】

その歌舞伎界の中でいま最も注目されているのが、中村壱太郎(かずたろう)さんです。女形の歌舞伎役者として小さい頃から数多くの作品に出演されていますが、その美しさに数えきれないほどの賞賛の声があがっています。
「綺麗すぎです。こんな綺麗な踊りみたことありません。」
「つい見とれてしまいました!」
「本当に男の人がやっているの・・?」
こんな声が歌舞伎界で数えきれないほどあがっているのです。これからの歌舞伎界を間違いなく牽引していく素晴らしい役者さんなので、是非是非チェックしてみてください。もし、みなさまが歌舞伎にまだ詳しくないのであれば、中村壱太郎さん(成駒屋)を外国人の方に紹介してあげてください。その美しさに目を奪われてしまうこと間違い無しです。

プロフィール

2873b7e2142503d5f68b

名前

中村壱太郎

年齢

23歳

経歴

1990年8月3日生まれ
中村翫雀の長男。祖父は坂田藤十郎。母は吾妻徳弥。成駒屋。
1991年11月京都・南座〈三代目中村鴈治郎襲名披露興行〉『廓文章』の藤屋手代で初お目見得。
1995年1月大阪・中座〈五代目中村翫雀・三代目中村扇雀襲名披露興行〉
『嫗山姥』の一子公時で初代中村壱太郎を名のり初舞台。
2007年に史上最年少の16歳で大曲『鏡獅子』を踊る。
2010年3月に『曽根崎心中』のお初という大役に役柄と同じ19歳で挑む。
現在、女形を中心に歌舞伎の舞台に精進しつつ、ラジオやテレビなどにも活動の場を広げている。

おすすめの書籍

数々の名作をマンガ化した書籍です。心中、不倫、同性愛、お家騒動、敵討ち、そして親殺し・子殺しも、、。ドラマチックな物語、すさまじい人間の愛と欲。時代を超えた面白さがある漫画に仕上がっているのでおすすめです。

マンガ歌舞伎入門 (講談社 α文庫)

My Opinion

日本人ならば日本の伝統に詳しくなければなりません。どうも日本人の方は、自分たちの国に関する知識が成熟していないように思えます。外国人の方々は、きっと自分の国の良い所、悪い所、歴史だって何時間でも語る事ができるでしょう。それだけ故郷に大きな愛をもっているのです。常に自分が接するものに対して多大な愛を持つこと、ここを意識することが魅力あるジャパニーズを生み出すきっかけになるかもしれません。日本の伝統芸能「歌舞伎」を誇りをもって外国人の方に紹介してあげてください!

今回の記事は楽しんで頂けましたか?もしよろしければシェアしてください。またお会いできる日を楽しみにしております。

Facebook Twitter LINE Google+

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)