今回は、わたしが最も好きなミュージシャンのひとつ「ELLEGARDEN」の記事です。最近の若い子は知らない方も多いかもしれませんが、とても人気のあったバンドです。今日は、その人気バンドの現在と名曲をご紹介したいと思います。”NO MUSIC NOLIFE”

ELLEGARDENとは

ELLEGARDEN
【以下引用】

ELLEGARDEN(エルレガーデン)は、千葉県で結成された、日本のロックバンド略称「エルレ」。現在は活動休止中。
高橋は1998年12月31日に開催されるライブチケットを印刷する際、どこにもない個性的なバンド名を付したいと考え、昭文社発行の「漢字用語辞典・外来語辞典」をめくり、ふさわしい言葉を探した。そして高橋は、「ELLE」という単語に知的な響きを、「GARDEN」という単語に馬鹿馬鹿しさを感じ、これらを組み合わせてバンド名とした。細美さんは『UB-JETS(ウブ・ジェッツ)』を考えていたようです。

出典:待ってるぞ!【ELLEGARDEN】の名曲より引用

突然の活動休止

PPG_konnjikinosoratotobitatutoritachi500-thumb-750x500-881
【以下引用】

5月2日、新アルバム制作へのモチベーションにメンバー間で差があるため納得のいく作品が作れそうに無いとして制作を中止、バンドの活動も休止すると発表した。それによりオフィシャルサイトも更新休止となり、内容は活動休止に関するものだけとなった。発表では、活動再開時期は「未定」としながらも「またELLEGARDENとして新しい作品を発表できるよう、メンバーそれぞれ成長していこう」とファンへ向けて”復活”をギターの生形真一がホームページ上で宣言した。
”しかし、音楽関係者の結婚式やフェスでメンバー4人が揃うこともあり、不仲による活動休止説については否定されている。”

出典:Wikipediaより引用

ELLEGARDENのメンバーのその後

細美武士(ほそみ たけし)

2008年10月に、自身の公式ブログにてソロ活動をする事を発表。現在は、新プロジェクトのthe HIATUSで活動中。

生形真一(うぶかた しんいち)

2009年(平成21年)に「Nothing’s Carved In Stone」を結成し、現在活動中。 また、最近は元THE YELLOW MONKEYの吉井和哉のライブでギターを担当している。

高田雄一(たかだ ゆういち)

現在は、メタル系バンドMEANINGに加入。

高橋宏貴(たかはし ひろたか)

新バンドの名前は、Scars Borough(スカーズ・ボロ)。「傷の集まり」という意味合いを持つという。メンバーは本郷信(G,Cho/THE TRANSFORMER)、MARCH(B,Cho/minimal Hugg[活動休止中])、KYOKO(Vo/minimal Hugg[活動休止中])、そして高橋宏貴(Dr,Cho)の4人編成で、ベースとボーカルが女性の男女混合バンドとなっている。

ELLEGARDENのおすすめ曲「スターフィッシュ」

他にも、聴いて欲しい曲がたくさんありますが、その中でも最も薦めたい曲を選びました。短い曲なので是非、聴いてみてください。

スターフィッシュの歌詞

おとぎ話の続きを見たくて
すぐ側のものは見えなかった
平気になった媚びた笑いも
まとめて全部 剥がれ落ちるような

綺麗なものを見つけたから
また見えなくなる前に

こんな星の夜は
全てを投げ出したって
どうしても
君に会いたいと思った
こんな星の夜は
君がいてくれたなら
何を話そうとか

ほどけかけてた靴のひもを
いじりまわして気を紛らわす
あと2駅がバカに遠い
諦めないなら焦る事もないさ

綺麗なものを見つけたから
また見えなくなる前に

こんな星の夜は
全てを投げ出したって
どうしても
君に会いたいと思った
こんな星の夜は
君がいてくれたなら
何を話そう

I thought there is no such thing as
Unchanging over a thousand years
I wonder how I could miss it
My friends
I thought there is no such thing as
Unchanging until it ends
I wonder how I could miss it

こんな星の夜は
全てを投げ出したって
どうしても
君に会いたいと思った
こんな星の夜は
君がいてくれたなら
何を話そうとか

My Opinion

音楽だけではなく、歌詞も響くのがこのグループの特徴だと感じます。ELLEGARDENの活動再開を心から願っています!

今回の記事は楽しんで頂けましたか?もしよろしければシェアしてください。またお会いできる日を楽しみにしております。

Facebook Twitter LINE Google+

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)