その瞬間は突然訪れました。2008年の9月に世界が急激な”不況”となったのです。一種の混乱状態に陥りそれを人は”100年に一度の大不況”と呼びました。各国の株価(その国の価値を表す数値)も大幅に下降の一途をたどり、お父さん達のお小遣いもぐっと減った事でしょう。今回はその大不況を作り出した原因”リーマンショック”を解説していきます。

Sponsored Link

リーマンショックの主な流れ

後ほど詳しく説明しますが、いまはざっと流れを感じてください。
・アメリカの低金利政策

・アメリカの住宅バブル発生

・サブプライム=ローン拡大

・アメリカの住宅バブル崩壊

・証券化商品の巨額損失発生

・リーマン=ブラザーズ経営破綻

・世界を巻き込む大不況へ

キーワードがいくつか出てきました。サブプライム=ローンやリーマンブラザーズという言葉はみなさん一度は聞いた事があるのではないでしょうか。

リーマンショックを詳しく解説

NOU86_tokainonagame500

①アメリカの低金利政策

まず、私達は、個人でも会社でも信用があればお金を借りることができます。その代わり、返す時は借りた時よりも多く返す事が普通です。例えば、10万円借りたら11万円にして返すなど、そのようにして銀行は儲けています。その際の、差額が小さい程「低い金利」ということになります。
低金利を理解できたところで、低金利”政策”とはなんなのかについて書きたいと思います。低金利政策とは、中央銀行と一般銀行間の金利を下げるということです。これだけでは、理解するのが難しいですよね。大丈夫です。簡単な事です。そもそも銀行には、貨幣を発行できる国の銀行「中央銀行」と民間の企業や個人のためにある私達にとって身近な「一般銀行」の二種類があります。中央銀行は一般銀行にお金を貸します。一般銀行は会社や個人にお金を貸します。貸したお金に何%か利息をつけて返してもらい稼いでいるのですね。つまり、中央銀行が一般銀行に貸す際に低金利にすれば、一般銀行はより多くのお金を借りる事ができます。そうすると、会社や個人の人にもより多くのお金を貸す事が出来るので、みんなお金をたくさん使い、縮小していた経済が元気になる、ということです。これが低金利政策です。

②アメリカの住宅バブル発生

さらに、低金利は銀行間ではなく一般人にも及ぶようになりました。お金をかりても低い金利で借りれる、しかも、銀行は快く貸してくれることもあいまって、多くの方々に不動産投資や建設ブームが始まったのです。また、アメリカでは、不動産の価値があがると、その分を現金化できるキャッシュアウトという方法があります。5000万円で買った家の価値が7500万円になったら、その家を担保に2500万円かりれる、というような方法です。景気がよくなると、不動産の価値もあがり、それに伴いキャッシュアウトで得れるお金も多くなる、さらにそれを市場に還元すれば景気がよくなる、このループで住宅バブルが発生したのです。

③サブプライム=ローン拡大

そんな住宅業界が好調な時期を狙っていたのが証券会社でした。そしてその戦略”サブプライムローン”が後に100年に1度の大不況を引き起こすことになります。サブプライムローンとは、返済能力の低い人たちに住宅を担保として高利で貸し付けたローンのことです。普通ならお金を返す信用が無い方々なので、お金を借りる事が出来ません。しかし、高い金利と実際に家を担保にするということでリスクを減らすことができるローンを思いつきました。もし、お金を借りた人が高額な返済金を用意できなければ、お金を貸した人が家をがおさえることができます。お金を返す事が出来る人々からは高金利で帰ってくるので、どちらにしても儲かるのです。これが、住宅バブルと相互作用して拡大していきました。

④アメリカの住宅バブル崩壊

PAK86_shirakawagoutilt20130814500
しかし、そううまくいきませんでした。やはり元々返済能力が無い人に高利な貸し付けを要求する事は難しく、多くのところで返済が滞ってきました。その結果、お金を貸してる証券会社は厳しい状況に追い込まれます。お金を返さないかわりに、住宅を抑えても、その数があまりに巨大化するためにその抑えた住宅をさばききれません。その結果、売れない不動産を貯め込み始めます。そうすると、少しでも売ろうと住宅の価格を下げ始めるのです。それが全米で起こったので、景気が悪くならない訳がありません。その結果、住宅の価値が急激にさがりはじめ、みんなが損をする時代に入りました。お金がなくなればもちろんお金を使う事が少なくなります。このようにして住宅バブルは崩壊していきました。

⑤リーマン=ブラザーズ経営破綻

その結果、サブプライムローンを扱っていた米大手証券会社のリーマンブラザーズが倒産してしまいました。この会社、米国第4位の規模を持つ巨大証券会社・名門投資銀行の一つとされ、倒産するまでAAAの格付けを受け、世界経済の中枢とも言える存在であったそうです。

世界を巻き込む大不況へ

そんな会社が倒産したために世界的に影響が出たようです。

復活へ向け世界が動き出している

あれから6年が経過しました。それぞれの政府の頑張りにより、世界の景気は少しずつ改善しつつあります。アダムスミスの「神の見えざる手」の通り、経済には良い時と悪い時があります。それを日々乗り越えていく事が私達の進歩なのでしょうか。

My Opinion

いかがでしたか?何事にも複雑な理由がありますが、順番にひも解いていけば理由も明らかになります。今回は、アメリカの低金利から説明しましたが、その低金利政策をとったことにもまた、理由があるのです。すべては繋がっているので、断片的ではなく継続的な目で理解する事が複雑な経済を理解するポイントです。

Sponsored Link

今回の記事は楽しんで頂けましたか?もしよろしければシェアしてください。またお会いできる日を楽しみにしております。

Facebook Twitter LINE Google+

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)