偉人には変人が多いと言います。特定の分野で才能を発揮する人は、みんなが当たり前にできることができなかったり、変な癖があるなど個性的なキャラももつかたが多いのです。今回は、日本の偉人たち、政治家に焦点をあてて面白い?意外な?エピソードを集めました。

スクリーンショット 2014-06-03 10.22.48

誰もが認める強運、小泉純一郎元総理

小泉総理の敵は自滅していく

うそのようで本当の話です。小泉総理の改革は革新的なものだったので反感をかうことがとても多かったのが事実です。色々な人物が仕掛けていったのですが、あれよあれよと自滅していきました。また、小泉総理にとって悪い事が起こると必ずどんでん返しで良い事が起こるという運の持ち主でもありました。「見えない力に助けられてきた」彼は、自分でもそのように振り返っています。

ただのおぼっちゃまじゃない、安部総理

培われた不屈の精神はどこから?

大物政治家の家系にうまれた安部総理。ただのおぼっちゃま総理かと思うとそんなことは全くないようです。「約束の日 安倍晋三試論」を読んだある方はこのように語っています。
【以下引用】

この安倍晋三という人、私だったら敵に回したくはないです。本書の様々なエピソードを読んで、この人に対するイメージが一変してしまいました。殴っても殴っても起き上がって、血まみれになりながらどんどん向かってくる男の映像が頭の中に浮かんだのです。恐ろしい人だと思いました。ひ弱なお坊っちゃんなんてとんでもないです。安倍晋三が「頼りないひ弱なお坊ちゃん」というマスゴミの印象操作を真に受けてる人は、ぜひ一読を。日本を救うのは安倍自民しかない。

出典:この安倍晋三という人、私だったら敵に回したくはないです。 本書の様々なエピソードを読んで、 この人に対するイメージが一変してしまいました。より引用

宇宙人と呼ばれた男、鳩山元総理

狂った庶民感覚、10億円のお小遣い

私が生まれてからもっとも叩かれていた政治家が鳩山さんだと思いますww。長い間、政治家をしている彼をきっと私達の若い世代もみな知っていましたが、こんな桁外れのおぼっちゃまだとは知りませんでした。このお小遣いも一度にもらったものではなく、毎月1500万円づつお母さんからもらっていたそうです。リアルに3桁も4桁も違いますね。びっくりです。”そのため”とはいいませんが、並外れた庶民感覚の持ち主、ということだけは間違いないでしょうww。

噛み付く理性、石原元都知事

自分の意見ははっきりと!

日本を代表する政治家です。いまは、所属する維新の会が分裂するなど様々なごたごたの渦中の人ですが、なんとか再起を図って欲しいと思っています。かれは、とても優秀な人間です。カイジでいうところの、兵藤さんの右腕的なイメージがあります。悔しいけど、名前が思い出せません。。
 石原さんのよいところは、強い日本を作る、ということに人生をかけているということです。相手がアメリカでも中国でもひるむことなくかみつく様子がよくテレビで流れています。噛み付きすぎて国際問題に発展したことも多々ありますが、決して自分を捨てる事なく日々強い日本を作るために邁進している人物だと思います。いまは少なくなった強い信念をもった、これぞ政治家!といえる貴重な人材です。

まさに悪代官、小沢一郎

その人脈にひれ伏してしまう

現役の議員の中で最も裏がある、闇が広がっている方の1人が小沢さんではないでしょうか。過去には、暴力団といった悪い人たちとつながっていると言われていました。時には、議員を買収したり(あくまで噂ですが、かなりあり得るでしょう)、企業も言いなりにできてしまうのかもしれません。そんな闇の帝王てきな人がいまの日本にいるということが実にわくわくしますね。なんか、漫画の中の話のようです。

世界レベルのファッションリーダー麻生太郎元総理

間違いなく最もかっこいい政治家の1人

麻生さんに憧れる青年が急増しています!総理時代は、文章の読み間違いや本当につまらないミスで総理を降ろされてしまい、残念でしたが、また脚光をあびています。なんといっても注目すべきは、にじみ出るセンスのよさです。外交時の服装は、まるでマフィアのボスのような威厳のある、それでいてあか抜けたファッションをします。日本人が外交にいくと体格差やオシャレ度でどうしてもひけをとるイメージがありますが、麻生さんには全くそれを感じません。堂々とした立ち振る舞いのなかで、流暢な英語を巧みに利用して和気あいあいと各国首相と談笑するすがたは、政治家界のジローラモですね。うまい!また、夜は高級ワインに高級葉巻など総理らしくない振る舞いにも人気が集まりました。(このような件が重なり辞職になったわけですがww)。今後も是非、注目していきたい政治家さんです。

圧倒的カリスマ性吉田茂

【以下引用】

終戦後の日本に「神」として君臨したGHQのマッカーサーにも対等に渡り合い、あの時代にこの人がおったことは、ある意味日本の奇跡かもしれません。せやけど、その姿態度は傲慢不遜、口は辛口毒舌、気性が激しく頑固一徹。人に頭を下げるのが大嫌い。この頑固さは吉田のふるさとの土佐では「いごっそう」と言うそうやけど、それゆえ「ワンマン宰相」とも言われました。20代の若い人やったら、自民党の元総理の麻生さんの母方の祖父って言うたほうが早いかもしれません。
ほな、吉田茂のどこが好きなん?
と聞かれたら、かれのユーモアセンスと答えるでしょう。
吉田茂はユーモアセンスがある、日本人には珍しいタイプの政治家であり、イギリス仕込みのブラック込みのジョークで、マッカーサーですら翻弄しとりました。このユーモア、今の政治家・首相にいちばん欲しいところであり、またいちばん足りへんところでもあると思ったりします。

吉田茂の、マッカーサーを煙に巻いたユーモアエピソード

■エピソード1
吉田茂
「GHQって何の略なの?」
マッカーサー
「かしこくもGHQとはGeneral Headquartersの略であってどうだの・・・(と長々と説明)」
吉田
「へー、てっきりGo Home Quickly(さっさと(アメリカへ)帰りやがれ)の略かと思ってたよ」
マッカーサー
「www」

■エピソード2
戦後の食糧難で、日本人が数百万人餓死すると言われました。
そこで吉田はマッカーサーに450万トンの緊急食糧援助をお願いしたのですが、アメリカ政府や議会は「自業自得じゃ」と拒否しました。
さらに、日本国内では「米よこせ」の数十万人のデモが東京を埋め尽くし内閣は総辞職、次の内閣(第一次吉田内閣)も流産の危機にありました。そこで、吉田は「餓死者が出てデモが暴動になったら、あんたの統治能力が問われまっせ」とマッカーサーを脅し、食糧援助を引き寄せました。結局60万トンが緊急輸入されたものの、日本での餓死者はゼロ。マッカーサーは吉田を呼びつけました。

マッカーサー
「こら吉田!輸入量6分の1なのに餓死者ゼロってどういうこっちゃねん!統計おかしいやないかい!(怒」
吉田
「そりゃ当たり前ですがな。日本の統計が正確なら我が国はあんたらと戦争なんかやってませんて。統計が合ってたら日本が圧勝してるはずですしね」
マッカーサー
「wwwwww」

出典:吉田茂からのメッセージより引用

ユーモアのかたまり、橋本龍太郎総理

ポマード野郎事件

【以下引用】

鈴木宗男氏が陰で『あのポマード野郎』と言ったところ偶然、橋本龍太郎がいたそうです。その時、橋本龍太郎は『鈴木君、これはムースだよ』と言って、まわりの凍り付く空気を和ませたそうです。これは鈴木宗男氏が橋本龍太郎元総理が亡くなった後、エピソードとして、よく話しています。

出典:あのポマード野郎と言った政治家は誰でしたっけ? 多分、橋本龍太郎氏を揶揄した…より引用

Mr.破天荒、岸信介総理

圧倒的行動力こそ最大の武器

【以下引用】

岸は2・26の失敗をきっかけに満州でとんでもないことをはじめた!上海の阿片王こと「里見甫」にわずか3~4年間で30兆円という金をつくらせ満州駐留の関東軍の資金にあてていた。当時の阿片に溺れきった満州を創り上げたのはまぎれもなく岸信介である。満州の次ぎに日本をも阿片で支配しようと思っていたが第2次世界大戦で敗戦し勿論A級戦犯として巣鴨に収容されるも影の力が働いてか、すぐに釈放されその10年後にはA級戦犯が総理大臣になるという前代未聞の事態。
 しかしながら、その強引なる官主導主義での手腕のお陰で日本は経済成長してきたことも事実。今から20年前にこの世から去ったものの、その本質である血脈は自民党内の派閥で引き継がれ、現首相の安倍晋三に至ってはDNAを引き継ぐ実の孫なのである。

出典:戦後最強の総理大臣より引用

安定の総理、小渕総理

誰もが一度はいったであろうだじゃれ

“そーりーそーりー小渕総理”というダジャレができました。なぜ、小渕総理だけなのでしょう。不思議です。

My Opinion

キャラが濃いですねww。この10人でクラスとか作ったら面白そうじゃないですか?すごい対立しそうですけど。。小泉さん、麻生さん、吉田さんあたりはみんなとも打ち解けて人気者になりそうですね。石原さん、小沢さん、岸さんは1人でも強く生きていけそうなイメージです!www。
 とにかく変な人が多いです。共通するところはしっかり意見を主張するところだと思います。政治家なので当たり前ですが、その集団の中でも特に強く感じるのがいま紹介した方々です!敵もつくりますが、共感して味方になる方々も多い、そんな魅力的な彼らによって日本の発展が支えられているのではないでしょうか!実に喜劇的な今後の日本に期待してしまいます。この渦こそが地上的なリアリズムを創りだす要因になるのです。

今回の記事は楽しんで頂けましたか?もしよろしければシェアしてください。またお会いできる日を楽しみにしております。

Facebook Twitter LINE Google+

No Comments

Be the first to start a conversation

Leave a Reply

  • (will not be published)